サンダル最強説

履き脱ぎがし易いサンダル!サンダルのことを紹介中

最近ナースサンダルを見ない?!医療現場の実際。

最近医療現場では、看護師のスタイルが変わってきました。
まず、ナースキャップをしていない!そもそもナースキャップは毎日洗ったりするものではないので、衛生面として非常に汚いのです。
次に、パンツスタイル!ワンピースタイプのナース服から、パンツスタイルの看護師が増えてきています。
緊急時でもスカートの中を気にしてしまいがちですが、パンツスタイルならガッツリと対応していくことができます。
病院でスカートを禁止にしているわけではありませんが、やはり、動きやすさが重視される職業だということですね。
最後に足元!ナースサンダルをほとんど見なくなりました。
注射液や点滴などを準備する際、注射針を使用したり、採血など患者さんに直接刺した針も扱います。
その針を万が一落としてしまった場合、足に刺さってしまうことを防ぐためにも、つま先のあるシューズなどが主流になっています。
病院によってはサンダルは禁止としているところも多いようです。
昔ながらのスタイルから、すべては安全に安心して働くためのスタイルに変化しているということですね。

医療の現場に適したサンダル

軽くて通気性がよく、着脱も容易なサンダルは、医師や看護師など医療に携わる方たちにも広く愛用されているアイテムです。
しかし、実際の現場では、血液が飛び散ったり、器具を落とす可能性があったりと、なにかと足元に危険が及ぶことも考えられるため、軽量すぎたり露出面が多いものでは不慮の事故に対応できないことも危惧されてきました。
あるフットウェアメーカーでは落下物や液体の飛散に対応した医療スタッフ向けのサンダルを開発しています。
更には静電気防止素材を利用したりクッション性の高いソールで立ち仕事の負担を軽減する、洗いやすい素材で清潔さを保持するなどの工夫もなされており、ユーザーからは高評価を得ています。
その他、別のメーカーでは女性スタッフ向けには安全性や快適性と同時にファッション性も考えられたアイテムも多数考案されています。
各メーカーの様々な創意工夫で、もはやサンダルは医療の現場になくてはならないアイテムとなっています。

check

難波にある美容皮膚科

最終更新日:2018/5/31

『サンダル 医療』 最新ツイート

@k_as0814

仕事終わりに制服に モコモコパーカーで ナースサンダルでコンビニ寄ったら 若いカップルが後ろに並んでて 突然、ねーねーこの人医療関係だよねー そういえばさーあま市民病院で コロナ出たらしいよーとか えーうつるのやだーとか言ってて 1人でちーん(´・ω・`)てなった(´・ω・`)

1日前 - 2020年02月20日


@KOGIakaRANKIN

@ishikawa_yumi 企業に言えば良いだけの話 労組に訴えたり、なければ労組作れるくらい職員の同意を得られれば企業側も蔑ろに出来ないんだよな 医師会の権力が絶対的な医療業界ですら、看護師のナースシューズはサンダルから普通の靴が一般的になってるわ

1日前 - 2020年02月20日


@luvijet_105

ときに( 潜伏、隠居、入院、癌の放射線治療 )あと自分に合わない場所に順応しなければならない苦労←これはコード文の内容そのものですね。アルコール中毒、医療、文化、文筆、スポーツの適正。コード98は( ニビル )。メダリオン様、サン… https://t.co/M8hs2dfizb

5日前 - 2020年02月16日


copyright(c) 2015 「サンダル最強説」 all rights reserved.